看護師

躁鬱の症状と特徴|医師でも判断が難しい病気です

効果的な治療方法

うつ伏せになる男性

躁鬱病は再発の危険性が高い精神疾患で、正しい治療を行なわないと患者本人にとっても家族にとっても大きな損失が出てしまいます。精神科や心療内科に行くと様々な治療方法で患者の症状を軽くしていくので、医師や自分の体調をしっかり相談しながら適切な方法で治療を進めていきましょう。まず、躁鬱の治療の軸は薬物療法です。精神安定剤などの薬を使いながら、躁状態とうつ状態の気分の波を小さくしていきます。徐々に波を小さくすることで心の安定をもたらし、再発防止にも繋がるのでほとんどの場合初期の治療の段階で使用されます。しかし、安定剤を長く使っていると妄想などの症状が出て来る可能性があるので、症状が重くなった場合は抗精神病薬を使ってバランスをとっていきます。抗精神病薬には躁状態に感じることの多いイライラ感を沈めて、心に落ち着きをもたらす効果があり、さらに快適な睡眠をサポートする働きもあるので躁鬱の治療には非常に効果的な薬です。また、抗精神病薬でも眠れない時は睡眠薬を使って眠れるようにしますが、突然薬の使用を中止すると眠れなくなる可能性があるので、薬をやめるときは徐々に服用する量を減らしていきます。治療薬は本人の体調に合わせて医師が的確に処方しているので、毎日継続して飲み続け、自己判断で飲むことを止めたり、量を減らすなどしないように気をつけましょう。

躁鬱病の治療では、薬物療法の他に精神療法も用いられます。主な治療方法として心理教育が挙げられます。医師と患者が一対一で話し合いを行ない、体や心の状態を把握していきます。医師が一方的に話すわけではなく、患者の立場に立って躁鬱に関する情報を共有したり、症状に対する理解を深めていくので時間をかけて治療を行なって行けば自然と患者の心も解きほぐされていきます。また、患者の家族とも話し合いをすることがあり、治療方針や病状についての情報を共有し、双方の理解を得ながら治療を進めていきます。場合によっては同じ躁鬱を経験した他の患者との交流を深めながら、より効果的な対処方法について学ぶこともあるので、心理教育を通して患者本人が自分自身の考え方や行動を変えていくことができます。さらに、認知行動療法では躁鬱の患者が嵌りやすいネガティブな考え方を客観的に捉えてもらうために、患者の行動を医師と一緒に検討していき、その行動について自覚してもらいます。このように自分の行動を改めることで日常生活を明るく過ごすためのポジティブな考え方や行動がわかっていくでしょう。

Copyright© 2016 躁鬱の症状と特徴|医師でも判断が難しい病気です All Rights Reserved.