精神的に安定しない躁鬱病の症状について

躁鬱の症状と特徴|医師でも判断が難しい病気です

病気になりやすいタイプ

カルテ

躁鬱はうつ病の中でも精神疾患であるという判断が難しい病気で、循環気質の人がなりやすいと言われています。さらに、肥満型で執着心が強く、気持ちの切り替えが上手く出来ないタイプも病気を発症するリスクが高くなります。

詳しく見る

自分の行動を見直す

相談

躁鬱状態になると気分が高揚して攻撃的になったりしますが、軽躁状態だと調子が少し良いだけと思われるので、病気としての判断ができません。そこでネットのセルフチェックを使って自分の行動を客観的に見つめ直しましょう。

詳しく見る

正しく治療を行なう

診察室

躁鬱病は、環境や遺伝、患者本人の性格などが複雑に絡み合って発病します。また、発病後は正しい治療を行なわないと自分を傷つける場合があるので、周囲の人がサポートしながら早く自立が出来るようにしっかりと治療を進めましょう。

詳しく見る

効果的な治療方法

うつ伏せになる男性

躁鬱病の治療は基本的に抗精神病薬や睡眠薬を使いながら行なっていきますが、処方された薬は自己判断で量を減らしたり飲むことを中止しないようにしましょう。また、同時並行で精神療法をするとより治療効果が高まります。

詳しく見る

判断が難しい病気

ハートと聴診器

うつ病は、今や国民病と言われるほど患者数が多い精神疾患です。日頃のストレスやプレッシャーが原因で発症したり、遺伝が原因で発症するなど様々な要因があり、人によって治療期間も大きく変わります。実はうつ病にはいくつかの種類があって最近増えているうつ病が躁鬱という症状です。基本的にうつ病になると慢性的に気分が落ち込み、ベッドから起き上がれないほどの意欲低下や食欲不振、思考力の低下などが見られますが、躁鬱は別名双極性障害と言われるように、気分に波があります。通常のうつ病と違って異様な気分の高揚、不自然なまでに調子が良くなるなどの症状を引き起こし、他の人から見ればただの気分屋であると認識されてしまいます。しかし、躁鬱病の恐ろしいところは気分が高揚してアクティブになっているときに、自傷行為や自殺などの死に直結するような行動を気軽に取れてしまうところです。うつ病になると必然的に死が頭のなかによぎりますが、ほとんどの場合実行する程の気力もなく、ずっと負の感情に支配されたままになってしまいます。ところが躁鬱病はネガティブな感情をうちに秘めたまま行動力も出るので、他の人では考えられないような突発的な行動をする可能性があります。この精神疾患は、毎日病状の波があるわけではなく、年単位でうつ状態が続いたり、躁状態が続くので精神科医でも精神疾患であるという判断を下すのは非常に難しいのです。特徴として、躁状態の場合は一日中気分が高揚しているので、夜になっても睡眠を取らずにずっと活動を続けて、いろいろな人に話しかけるので無意識に周囲の人に迷惑をかけてしまいます。また、仕事や学業などに非常に情熱的に取り組み、独創的なアイデアなどを生み出しますが、普通の精神状態とは違っているので集中力が持続せず、与えられた役割を最後までこなすことができません。さらに、気が大きくなることで衝動的になったり、手当たり次第に物を壊すなどの行動を起こし、社会人としての信用を無くす恐れがあります。このような状態が短くても一週間程度続くので、自分の家族や友人がいつもと違う行動をとっていると感じたらすぐに専門機関へ相談にいきましょう。

Copyright© 2016 躁鬱の症状と特徴|医師でも判断が難しい病気です All Rights Reserved.